本文へスキップ

兵庫県動物愛護センターのホームページです。 

よくある質問

犬に関する質問

Q1 犬の登録と狂犬病予防注射について教えて下さい。
 飼い犬登録について
 狂犬病予防法に基づき、生後91日以上の犬を飼う場合は市町村に登録し、犬に鑑札をつけておかなければなりません。
 受付窓口は、以下の二通りです。
  @ お住まいの市町の飼い犬登録の担当課。
  A 動物病院でも狂犬病予防注射と同時に行えます。


Q2 飼い犬が逃げてしまいました。どうすればいいですか。
 直ちに、お住まいの地域を管轄している動物愛護センターに連絡してください。また、警察に届けられる場合がありますので、管轄の警察署(本署の遺失物担当課)にも連絡してください。
                  連絡先など詳細はこちら
 それから、ご自身で捜索してください。
 また、日頃から柵の点検、リードや首輪の点検をしましょう。鑑札と注射済票を首輪につけましょう。

Q3 飼い犬が子犬を生みました。動物愛護センターで新しい飼い主をみつけてくれますか。
 兵庫県動物愛護センターでは、譲渡を前提とした犬、猫の引き取りは行っておりません。犬、猫の引き取りは、殺処分を前提としたものです。
 ご自身で新しい飼い主をお捜しください。

Q4 飼い犬が死にました。どうすればいいですか。
 飼育動物の死体の引き取りについては、お住まいの市町にご相談下さい。ペット霊園などに依頼する方法もあります。
 また、登録している犬の死亡について、お住いの市町に届け出てください。

Q5 飼い犬が他人を咬みました(又は傷つけた)。どうすればいいですか。

 飼い犬が人の身体に危害を加えたときは、飼い主はその旨を動物愛護センターへ届出しなければいけません。動物愛護センターの連絡先は、「管轄地域・施設について」をご覧ください。

Q6 他人の飼い犬に咬まれました(又は傷つけられた)。どうすればいいですか。

 事故の再発を防ぐため、動物愛護センターから飼い主に対し必要な指導を行いますので、動物愛護センターへ連絡して下さい。動物愛護センターの連絡先は、「管轄地域・施設について」をご覧ください


猫に関する質問

Q1 怪我をして弱った猫を保護しました。どうすればいいですか。
 お住まいの地域を管轄している動物愛護センターにご連絡ください。 動物愛護センターの連絡先は、「管轄地域・施設について」をご覧ください。

Q2 飼い猫が逃げてしまいました。どうすればいいですか。
 直ちに、お住まいの地域を管轄している動物愛護センターに連絡してください。また、警察に届けられる場合がありますので、管轄の警察署(本署の遺失物担当課)にも連絡してください。
                  連絡先など詳細はこちら
 それから、ご自身で捜索してください。
 また、首輪に名前と連絡先を記入し、更に迷子札(名前と連絡先入り)を首輪につけましょう。

その他の動物に関する相談

Q1 ウサギを飼えなくなりました。引き取ってもらえますか。 
 動物愛護センターでは、犬、猫以外の動物(ハムスター、ウサギ等の小動物)の引き取りは行っておりません。ご自身で新しい飼い主をお捜しください。

Q2 怪我又は病気で弱った野鳥を保護しました。どうすればいいですか。
 傷病野生鳥獣については、各県民局の農林(水産)振興事務所へご相談ください。

Q3 飼っているインコ(もしくは他の動物)が逃げてしまいました。どうすればいいですか。
 動物愛護センターでは、犬、猫以外の動物の収容はありませんが、保護などの情報が入ることがありますので、念のため、お住いの地域を管轄している動物愛護センターに連絡してください。また、警察に届けられる場合がありますので、管轄の警察署(本署の遺失物担当課)にも連絡してください。
                  連絡先など詳細はこちら